Press "Enter" to skip to content

皮膚にシワが刻まれていく

シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、日光をあびることによりできてしまうことが多いですが、疾患が原因として考えられることもあるでしょう。もし、いきなりシミが増えた気がするのでしたら、疾患が起る前であったり、病気が進行している状態という可能性もあるので、なるべく早めにクリニックで診てもらうことをお勧めします。

シワの原因をご存知でしょうか。これはいくつもあるのですが、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。

水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。ところで目尻はシワの目立つ場所としても良く知られていますが、ここは皮脂の分泌量が少なく、他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸、これらは減少の一途をたどるばかりですから、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。肌を衰えさせる原因には色々ありますが、乾燥は、おもったより手強い存在です。

うるおいが不足してくると脂性と乾燥の混合肌に移行する人も多く、乾燥部分では小皺、脂の多いところで毛穴の開きなどが出てきます。

目尻や目の下は顔の中でも代謝が少ない部分なので乾燥の影響を集中的に受け、どこよりも先に年齢を感じやすいのです。肌の弾力維持に必要なコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などは年齢と一緒に減少しますから、たるみによって顔の表情がかわってくるのもこの頃です。

シワやシミも生じやすいです。肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。ビタミンCは美白作用があるということで、お肌にレモンの輪切りを貼ってパックとすることが一時期流行っていましたがお肌には悪影響しかないので、絶対禁物です。レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線の刺激に敏感に反応する作用があるのです。

シミに有効な作用を期待してレモンを摂るのなら、毎日のご飯で、欠かさず食べるようにして下さい。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。実例の一つと言われているのが、近年、テレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが今や周知の事実です。また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいといったことも他のシミとの大きな違いです。くすんだ肌が気になってきたときには顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。肌の生まれ変わりを妨げるような生活をしていると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。正しい洗顔方法はぬるま湯を使用して、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料で泡で撫でるようにして洗って下さい。ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用すると効果倍増です。時節の変化といっしょに皺は増えていきます。肌の調子が悪いなと思ったら、保湿効果を高めるフェイスパックはいかがでしょう。

就寝前におこなうと肌が休まるので緊張がとれ、ゆったり眠れるようになります。いま話題のヨーグルトパックはコスパも良いのでオススメです。
http://xn--k9j8bwfi9g3cxm3a1dyb7773g8pub88e026e.biz

400から450mlの無糖ヨーグルトを買ってきて、肌に塗って石鹸や洗顔料を使わずに水かぬるま湯ですすぎます。スキンコンディショナー的な効果があるのでペタつかず自然なもっちり肌で、小皺や部分的な乾燥にもしっかりアプローチしてくれるのです。腸を整えると肌の調子も良くなるので、余ったヨーグルトは新しいうちに食べてしまいましょう。45歳美魔女などもいる日本ですが、一般的には38歳から42歳頃に肌に年齢を感じるのではないでしょうか。色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、皆さん何となくわかっているはずです。妙に疲れやすかったり、疲労がとれにくかったりして、目の下に大クマが出立て口周りの下がりが客観的にもわかるようになってきます。

以前は肌のコンディションが良くないと感じても、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。でも、なぜだか急に、復活しなくなってくるのです。肌から疲れが抜けなかったと感じる日も増えています。20代と今とではスキンケア(高い化粧品を使えばいいというわけではありませんが、高い化粧品の方が効果が実感できることが多いのもまた事実です)の方法も変えていますが、対応しきれていないのかも知れません。若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲に出現して、恐ろしい増殖ぶりです。

原因はわかっています。日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。出産後、歩けるようになったコドモと、毎日のように一緒に近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりとあそばせました。早く出かけたいコドモは自分の準備が終わるともう待てません。ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。

時間をひねり出してでも対策すべきでした。

飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、お肌のためにも良いといわれています。酒粕パックは手軽にできて、お肌のくすみ対策になるでしょう。

板状の酒粕を小さくちぎり、容器の中で水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、ペーストになるまでよく混ぜます。小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。

ただ、酒粕の匂いが苦手な方は止めた方がいいでしょう。