Press "Enter" to skip to content

だいぶシミは消えてきた

私の母は2、3年前から顔にできてしまったシミに悩んでおりました。

そのできたシミが大きさは十円玉くらいのものが一つ、少しばかり小さいものがいくつか左右の頬に散らばっていました。1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミに効き目がある」と聞き、さっそく毎食にできるだけ取り入れてきました。という理由で、だいぶシミは消えてきました。

肌質は個人差が大きいものですが、肌が薄い人はシワができやすいと聞いたことはおありでしょうか。肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は肌を見て、チェックしてみましょう。

肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。

皮膚が薄いことと、シワのできやすさがどう関係するかというと皮膚に厚みがないと、単純に場所がありませんから、水分を含んでおくことができません。

すぐに乾燥し、ハリがなくなり、肌がしぼんだ形になって、シワができやすくなるはずです。そして通常、肌は年齢と共に薄くなっていくものであり、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてください。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それなのに、ついつい力いっぱいぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、クリームとか保湿剤をべたべ立と塗り込みがちです。クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化させるようなイメージで、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、以上がスキンケアの理想形ですが、実際は、気づくとぐいぐいと強めに洗ってしまったりしがちです。長くお風呂に入るのが好きな私はお肌が乾燥することを防ぐために、いつも洗顔後は真っ先に化粧水をつけてから、ゆっくり長湯を楽しんでいます。でも、真冬のシーズンは化粧水を使うだけでは入浴後の乾燥が気になるため、化粧水+保湿美容液もしっかり塗って入浴を心がけていますが、これを習慣づけてからドライ肌がかなり改善されてきました。ついに誕生日がやってきました。とうとう私も40代の仲間入りをしてしまいました。今まではUVと安い化粧水くらいしか使っていませんでしたが、どう考えても、これまでのスキンケアでは十分とはいえない年齢ですね。エイジングケアには色々な方法があるそうなので、調べなくてはと思っています。女性の身体は、出産後しばらくの期間、出産前とはホルモンバランスが急激に変わったこともあって、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。

肌荒れ、シワの増加といったことも珍しくなく、顔などに出ると気になるので、悩む女性は多いようです。プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。それに、敏感肌になる人も多いようですから、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使って他はともかく、保湿だけは忘れないようにされて下さい。健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に創られた模様のことを言うのです。キメが整っている肌を見ると皮丘には充分な水分がふくまれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。でも、皮膚組織のうち、一番表面の位置にある表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。表皮が荒れ、そのバリアの役目をきちんと果たせないままだと、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるはずです。皮膚の土台としての真皮が弱ると、支えを失った肌がシワになり、たるみを造ることになります。顔のしわを取る驚異の「しわとりテープ」は、某コスメ系タレントさんが自分の愛(ギブアンドテイクではなく、ギブアンドギブの精神が大切です。

何かと引き換えにということでは、取引になってしまいます)用品のひとつに挙げていて、それまで知らなかった人にも一気に知られるようになりました。使っているときは見事な引き締め効果ですが、だからといって使いすぎると皮膚に過剰な負荷を強いるため、いくら肌に刺激の少ない素材といっても、貼っ立ところが荒れたり赤くなったりするようなトラブルが出ることもあるようです。

つけまつげで肌荒れを起こした経験のある人は、なるほどね?と思うかもしれません。便利なアイテムでも、自分なりのコントロールが必要でしょう。

個人差はあると思いますし、これはあくまで私個人の主観ですが、シワが顔と一体化し、顔の一部になる年齢は大体38歳だと思っています。このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、クマやほうれい線といった、老けて見えるサインが激しく存在アピールを初めるようになります。38歳になるまでは、一日のオワリに肌がくたびれていても、適切にケアしてやれば次の日の朝には疲れがとれてい立と思います。でも、38歳になって、またそれ以降は肌が元気になるまでに、結構時間がかかるようになってしまい、それどころかもう、復活する日はないのでは?とすら思ってしまいます。年齢を重ねていくと、気になってくるのがお肌のシミですね。ただし、シミの形状やできた場所によって、様々の種類がありますので、それに対応した薬をドラッグストアで捜したり、皮膚科へ行ってみるのもいいでしょう。すべてのシミが薬で治るわけではありませんから、あつかいの難しいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、外部刺激による治療法であるレーザー照射も考えてみてください。