Press "Enter" to skip to content

感じやすい肌とまとめてしまう

ストレス(過剰に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)解消のために甘いものを食べてしまう方は注意が必要です。砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。糖分とタンパク質が結合することで、全身の老化を早める糖化物質が全身にたまってくるのです。肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができていわゆる黄ぐすみになったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因を招いてしまいます。

まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミが目たつようになってきたんです。どうしてこんなことになってしまったのか?理由はひとつしかありません。太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。靴をはけるまでに成長したおこちゃまと毎日のように一緒に近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりとあそばせました。二人分の支度は意外と手間がかかるものです。自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。

後で必ずつけが回ってきます。若くても日焼け対策はしっかりするように心がけます。

敏感な肌の場合は、感じやすい肌とまとめてしまう必要はないですが、、肌に無理をさせず、なおかつ肌に合わせた化粧品で、ちゃんとスキンケアをつづける事が大事です。気温や肌の状態によって、肌の状態にちがいが表れるのも、敏感な肌の悩ましいところです。それぞれの肌の状況に合わせて、丁寧なスキンケアを心がけてください。

最近、同年代が太ってきているので、そうなる前に断食に挑戦しました。断舎利ではなく、断食(ファスティング)の方ですよ。相性が良かったのか短期間に3kg体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)が落ち、憧れの40kg台になりました。きれいになるためにそれなりの苦労をして、サプリで栄養補給してストレッチも欠かさなかったのに、デコルテから顔にかけてのシワが部分的にとても目立ってきたような気がするんです。けして、しぼむほど減量してはしていないんですけど。

。。きれいになるはずが、なぜこうなった?。と思いるでしょう。

肌の手入れはしていたけど足りなかったのかも。

しばらくはシ理由アのほうを重点的にしていく予定です。念入りにお肌の手入れやUV対策もしていたのに鏡を見てびっくり!顔にシミができてるなんてことがあります。シミについて悩んでいる人も少なからずいらっしゃるでしょう。できてしまったものはしょうがない!とにかく薄くしていくには効果があると言われているビタミンCをどんどん摂ることです。

ビタミンCを上手く取り入れると、シミも撃退できるでしょう。

ご飯だけで必要なビタミンCを摂取するのは難しい方はビタミン剤などのサプリメントを使うのも白い肌への近道かも知れません。つい最近の話ですが、スキンケア中にとあるインスピレーションを得ました。個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、しばらく前から炭酸パックを初め、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころにはしわがあまり目たたなくなってきたように思います。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。ヨーグルトを食べると、乳酸菌はもちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つはたらきがあります。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める重要な栄養素です。

加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする役割を持っています。このような作用を生かすことでシミやくすみを改善し、美白する効果を果たしています。

ですから、ヨーグルトはシミ対策のために、毎日食べたいものです。小麦色の肌は健康的で美しいイメージを演出してくれますが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困るという女性ならではの悩ましい一面があります。もし、シミとは無縁でいたいなら、出来るだけ日焼け予防をするしかないですね。シミにさよならするためには、日焼け止めを丁寧に塗布すること、また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使って炎症を抑えてください。

お肌のくすみの理由として、糖分を摂りすぎていないか考えてください。ついおやつを食べ過ぎてしまうとどんな化粧品を使っていてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。

お肌のコラーゲンが糖と結びつき、そのはたらきが弱まっている可能性があります。コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンが糖化し立といいます。お肌だけでなく全身の老化を早めないように、甘いものの摂りすぎは止めてください。緑茶の茶葉は、カテキンを多く含んでいます。

カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCが体内で有効にはたらくようにしています。いつまでも色白のお肌を保つためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、ビタミンCとカテキンを同時に摂ることができれば、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを防ぐことができます。