Press "Enter" to skip to content

スキンケアをしていく事が大事

何かを食べることと、美しくなることは異なるように見えますが、実は大変近しいものですので老いに逆らう食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)を体に与えることで美肌をキープすることが可能になります。豆類、穀物類、海藻類、野菜類、魚類、キノコ類、イモ類、乳製品や野菜の中でも色の強いトマトやナス、タンパク質をたくさん食することでアンチエイジングが可能です。肌の表面についている脂分が汚れを吸着したりニキビと変化することも多いです。このような肌トラブルの繰り返しにより、シミ、たるみが残ってしまいます。肌荒れを回避するために一番大事なのは洗顔です。

大量の泡で丁寧な洗顔を努めましょう。ただし、一日にたくさん顔を洗うとかえって肌に負担をかけてしまいます。朝の洗顔の際に、私の母は、ソープや洗顔フォームを用いません。母は顔を洗う時には水だけで洗います。

母は、洗顔のときに石鹸や洗顔フォームを使うと、お肌に必要な皮脂もすべて落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけの方がいいと、石鹸いらない説をよく教えてくれます。そんな母はですが、65歳という年齢を感じさせずきめこまやかです。

お肌の渇きを防ぐためには、洗浄力控えめで、刺激の少ないクレンジング剤をなるべく選びます。落ちにくいところは専用の除去剤などを使い、肌にストレスをかけないようにしてください。

もちろん、顔を洗う時もゴシゴシと擦らないようにしなくてはいけません。キメの細かい泡で優しく洗い、ぬるま湯でしっかり流しましょう。

感じやすい肌の場合は、敏感な肌だと一括りにする事には無理がありますが、肌に無理が掛からず、しかも肌の質に合った化粧品で、スキンケアをしていく事が大事です。気候やお年によって、肌の状態がそれぞれ違うというのも、敏感な肌の悩ましいところです。使用する時の肌の調子に合わせて、きちんとスキンケアをするようにしてみてくださいね。テカリが気になる肌の場合、水分が満足に行き届いている肌質に見えますが、実は潤ってはいない状態、というケースを多く目にします。肌の表面にカサツキがないのは、オイリー気味の肌は皮脂の分泌が過剰気味にあるので、表面上の乾きは防げる場合が多いのでです。しかし、肌のトラブルを引き起こすのはこの皮脂ですから、顔を洗って、丁度よい状態まで洗い流すことが必要です。肌トラブルが酷くなり、肌のお手入れのやり方が分からない場合は、近くの皮膚科の医者に掛かって相談しましょう。荒れた肌用の保湿剤やビタミン剤などを場合によって処方してくれます。

さらに、早寝はやおきで質の高い眠りを多めにとるようにして、ビタミン、ミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。

不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)を多く含有する食材を積極的に摂るようにすると良いでしょう。

ファンケル無添加スキンケアの場合、なにも無添加だけに力を集中しているのではないのです。人が元来持っている力を取り戻し、その美しさが復活するよう、肌細胞の活性化を促し、健康な状態に戻すことも大事に考えて創られています。使用しつづけることで健康的でキレイな肌に変われるでしょう。たびたび顔を洗って肌に必要な皮脂が常に足りないといったことになってしまったら、足りていない皮脂を補おうと多く分泌するようになるためす。度を越えた洗顔をすると、乾燥状態にもなり、一段と多くの皮脂を、分泌してしまいますから、顔の洗いすぎには注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)してください。顔を洗った後は化粧水でたっぷりと水分補給を忘れずに行っていくことが大事です。アトピーを治したい人は、肌が敏感な人用の天然成分だけでできているようなスキンケア用品を使うといいでしょう。アトピーは塩水に接触することで治るという説もあり、浴槽のお湯に塩を混ぜたり、夏は海に行って海水浴を行いつづけると治癒する方向にむかうとされています。でも、現実では、症状がひどい箇所にはかいた傷があることが大半で、塩水ではとてもしみてしまうのがネックです。